舞台「BACKBEAT(バックビート)」公式サイト

INTRO & STORY

世界的ロックバンド ビートルズはもともと”5人編成”だった―――
初期ビートルズのサウンドにのせて描く群像劇、待望の日本初演!


 本作は、20世紀を代表するロックバンド・ビートルズの創成期、ハンブルクで巡業していた時代を描いた1994年公開の伝記映画「BACKBEAT」を、イアン・ソフトリー監督自ら舞台化した作品です。
 当初、ビートルズは5人編成でした。当時のベーシストであり、画家としての才能も発揮しながら、しかしビートルズのメジャーデビューを待たずして21歳という若さで夭折したスチュアート・サトクリフと、学生時代からの親友であり、彼を敬愛していたジョン・レノンにスポットを当て、ジョージ・ハリスンポール・マッカートニーピート・ベストらビートルズのメンバー、さらに、ハンブルクでの運命的な出会いによりスチュアートと恋に落ちる写真家のアストリッド・キルヒヘル。若者たちの揺れ動く心、恋と友情、アートとロックの青春群像を、初期ビートルズの熱く迸るサウンドにのせて描き出します。
 日本初演となるこのたびの上演の翻訳・演出を手がけるのは、石丸さち子。故・蜷川幸雄のもとで演出助手として研鑽を積み、独立後はミュージカルからストレートプレイまで様々な作品を創り出し、オリジナルミュージカルの作・演出にも高い評価を得る石丸。映画「BACKBEAT」は、テープが擦り切れるほど繰り返し観た、大好きな作品だといいます。そして音楽は、自身のアーティスト活動と並行して様々なアーティストへの楽曲提供を行い、また石丸によるオリジナルミュージカル「ボクが死んだ日はハレ」の音楽を担い好評を博した森大輔が手掛けます。


戸塚祥太、加藤和樹がビートルズ・サウンドをかき鳴らす!
彩り豊かな実力派キャストが集結!


 スチュアートを演じるのは、A.B.C-Zのメンバーでありバラエティや映画、舞台など幅広いステージでマルチに活躍する戸塚祥太。ジョン・レノン役は、舞台・ドラマ・映画とジャンルを問わず俳優として存在感を示しながら歌手としても活躍、情感あふれるライブに評価の高い加藤和樹が務めます。彼らとともにデビュー前のビートルズを構成するメンバーに、共演に期待の膨らむ魅力的な顔ぶれが揃いました。ジョージ・ハリスン役に、グループでの活動に加え単独でも多数の舞台で活躍する辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、当時はギターを弾いていたポール・マッカートニー役にはFUZZY CONTROLのJUON、ドラムのピート・ベスト役に、舞台・ミュージカルを中心に活躍する上口耕平。スチュアートの恋人となるアストリッド役には、ファッションモデルとして注目を集め、近年は女優として目覚ましい躍進を遂げる夏子が抜擢されました。そして、文学座に所属し外部の公演でも活躍する鍛治直人、「レ・ミゼラブル」のマリウス役でデビューし、歌手活動も行う田村良太、脚本や演出、振付にも才能を発揮する多才な実力派の西川大貴、ミュージカルを中心に意欲的な出演を重ねる若手注目株・工藤広夢。さらには、劇団四季を経て大作ミュージカルからテレビドラマまで多岐にわたる分野で活躍し続ける鈴木壮麻、1966年のビートルズ初来日公演の際に前座を務め、彼らの生の演奏を体感している歌手で俳優の尾藤イサオ。確かな実力を備え、個性豊かな実力派キャストが奏でる青春のドラマに、ぜひご注目ください。
Story
1960年、イギリス・リヴァプール。絵の才能を持つスチュアート・サトクリフ(戸塚祥太)は、同じ学校に通う親友ジョン・レノン(加藤和樹)に誘われ、ロックバンドにベーシストとして加入する。スチュアート、ジョン、ポール・マッカートニー(JUON)、ジョージ・ハリスン(辰巳雄大)、ピート・ベスト(上口耕平)ら5人の“ビートルズ”は、巡業で訪れたドイツ・ハンブルクの地で頭角を現してゆく。とある夜、スチュアートは彼らのライブに来ていた女性写真家のアストリッド・キルヒヘル(夏子)と運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。スチュアートはアストリッドとの出会いをきっかけに再び絵を描き始め画家の道を志すが、ビートルズは魅力的なナンバーを次々に打ち出し、評判は日に日に高まってゆく―――
ページトップへ